color@ウイイレアプリ攻略

「ウイイレアプリ×戦術」がモットーの攻略ブログ

マッチデイ フランス代表スカッドで試合してみた

コメント(0)

今回は新しい試み。せっかく国代表マッチデイが来てるんだからなんか書いちゃえということで、まず1回目は

フランス代表スカッド使ってみた

です。好評なら来週は別の国でやろうと思います。他に使ってほしい国がありましたら僕のTwitterでもこの投稿のコメント欄でも良いのでリクエストお願いします。手持ち選手によってはできないかもしれませんが。また、不評ならこれっきりですw

監督とスカッド

まず使う監督ですが、今回はアリッツ アルカイデ監督を使っていきます。

理由は単純に手持ちのフランスの選手と相性がよさそうだったからです。

できたスカッドがこんな感じ。

この企画(続くか分らんけど)はできるだけ現役選手で組もうと思ってます。でも手持ちがいなかったりすると、レジェンドや他国の選手を使わざるを得ないので、そこはご了承ください。

人選と戦術

戦術はシンプルに

  • 守備はリトリートして4-4ブロック(DF4人とMF4人)でしっかり守る
  • 攻撃は基本ロングカウンター

では人選を見ていきます。

FWの人選

まず前線のムバッペとグリーズマン。ムバッペはライブレなので基本裏を狙います。グリーズマンはムバッペの補助。無印起用なのでやや低い位置でカウンターの起点になります。カウンターの中でこの2人のコンビネーションで点を取ることが多いです。

重要なのは2トップの役割に違いを作ること。ここでは起点になるグリーズマンと裏をとるムバッペです。2人ともライブレにすると起点になる選手がいないし、2人とも無印だと相手のDFラインを下げる選手がいません。

まあドリブルや状況判断が上手ければそんなこと考える必要ないんですけどね。僕は下手なのでいろいろ考えないと勝てません。

MFの人選

僕は中盤は左右対称な人選をすることが多いですが、今回は左右非対称にしました。

まずサイドから。左はマチュイディです。左サイドは守備を意識してます。現実のフランス代表と同じ人選です。本当はLMFにしたいのですが適正が薄いので仕方なくCMF起用です。右はデンベレにしました。現実ならムバッペのポジションです。RMFは爆速選手を置いてカウンターの時に走ってもらいます。前線2人のコンビネーション以外にRMFの個による縦突破も攻撃パターンの1つです。

次にCMFの人選。これはカンテとカマヴィンガにしました。現実ではカンテとポグバですが残念ながらポグバは持ってません。この2人は守備の要です。リトリート時はどちらかにカーソルを合わせてパスカットを狙います。またカウンター時は前線に直接スルーパスを出しチャンスを演出します。

DFの人選

CBの人選は結構適当ですが、SBの人選には多少意図があります。

RSBにはプレースタイル守備的SBのパヴァール。RMFのデンベレは敵陣深くまで切り込むことが多いうえ、守備が得意ではありません。攻撃参加がほぼない守備的SBの起用により右サイドがガラ空きになるのを防ぎます。LSBには無印起用のリュカエルナンデス。LMFのマチュイディは守備ができるため、こちらは多少攻撃参加しても問題ありません。

まあ現実とほぼ同じなんですけどねw

 

実際に使ってみた

まず意外だったのがカンテがそこまで機能しなかったこと。多分リトリートの守備とカンテのプレースタイル(ハードプレス)やスキル(チェイシング等)の噛み合わせが良くなかったんだと思われます。一方相方のカマヴィンガは素晴らしい活躍。特にパスの精度が良く、前線へのスルーパスでアシストも記録しました。

他の選手はは人選で解説したとおりの活躍をしてくれたと思います。RMFにサンマクシマンとか入れたら面白いかもと思ったりしました。

戦績は2勝1敗。寝起きでやった試合は2-5と意味わからんレベルでボコボコにされましたが(言い訳すなw)他の試合はうまく戦えたと思います。

まとめ

今回はフランス代表スカッドを使いました。来週はどこにしようかな。EURO2020のマッチデイにブラジル代表スカッドで乗り込んでみたとか面白そう。

コメントを書き込む


まだコメントがありません。

×