color@ウイイレアプリ攻略

「ウイイレアプリ×戦術」がモットーの攻略ブログ

プレーメイカーの使い方

コメント(0)

はじめに

この記事ではプレーメイカーの特徴的な動きやその活かし方を解説したいと思います。

個人的にはプレーメイカーはビルドアップには欠かせないプレースタイルだと思います。スカッドに1人いるだけでパス回しが変わる存在です。

 

プレーメイカーの起用法

プレーメイカーの起用法としておすすめなのはインサイドハーフでの起用です。

画像は433ですが4312でも4321でも3バックでも良いです。

このポジションでプレーメイカーを起用するとCBとSBの間に落ちる動きをします。プレーメイカーが下りてきた分、前方には十分なスペースができるのでSBが高い位置を取ることができます。

SBが高い位置を取ることはサイドから相手陣形を切り崩せるので、ビルドアップにおいて重要なポイントです。

単純明快ですが、MFがCBとSBの間に下りてその分SBが高い位置を取るというのは現実でもよく見られる組み立てです。

またボールが前に運ばれた後は、ある程度後ろに残り、パスを散らす仕事をしてくれます。

アンカーと違って下がりすぎない絶妙なポジショニングが特徴です。またBtoBやハードプレスと違い、動き回ることもないので、ビルドアップで詰まったらすぐにボールを戻して、組み立てなおすことができます。

プレーメイカーはカウンター時にはかなり走ってくれます。アンカーと違い、時にはシュートまで行ける点でもプレーメイカーはかなり優秀です。

まとめ

結局プレーメイカーとは、チームが前がかりな時は後ろに残り、カウンターでチーム全体が引いてるときは前に出る、チームのバランスをとってくれるプレースタイルと言えます。

上手く起用できればポゼッションの質が劇的に変わると思います。

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×