color@ウイイレアプリ攻略

「ウイイレアプリ×戦術」がモットーの攻略ブログ

ウイイレアプリのウィングバック論

コメント(0)

はじめに

今回はウィングバックについての記事です。

ウィングバック(WB)とは言うと3バックのサイドハーフになります。

攻守にわたってサイドでカギとなるポジションですが、ウイイレではどのような選手を起用すると良いのでしょうか。

3バックの問題点

ウイイレで3バックを使ったときに問題となるのがサイドの守備です。ウイイレは仕様上、MF,DFが2列に並んで守備をします。

WBはMFなのでその裏には当然スペースができてしまいます。

このスペースをどうケアするかが3バックを使う上で最も重要と言って良いでしょう。

 

WBの最適解

個人的にはマンマーク、インターセプト持ちの無印起用が1番だと思います。

本職サイドバックのマルディーニやアーウィン、現役ではロバートソンやワンビサカ等です。

WBの裏のスペースをケアするにはマンマークのスキルに頼るのが簡単で分かりやすいです。

実際使ってみたらわかるのですが、WBに守備力の高い選手を置くと助けられる場面がかなりあります。

このポジションにカンテやヴィエラといった守備型のハードプレスやボックストゥボックスを置く人もいると思います。それでも良いっちゃ良いのですが、ハードプレスやBtoBは横の動きが多すぎると思います。

WBは縦の動きで勝負してほしいので僕は無印での起用を推します。

現実では攻撃的ウィングバックとしてウィンガータイプの選手を置くこともありますが、ウイイレでそれが機能するようになるのはまだ先になりそうです。

まとめ

3バックは難しいですが、疑似3CFの流行により使う人が増えている印象です。

失点が減らない人はこの起用を是非試してみてください。

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×