eFootball研究所

「eFootball ×戦術」がモットーの攻略ブログ

可変式4231 人選&戦術解説

コメント(2)

はじめに

きょう解説するのは可変式4231です。

スタート時は4231ですが、攻撃の中で3241へとフォーメーションを変えるシステムです。

ウイイレでわざわざ可変する必要性は薄いですが、ロマンがあって楽しいです。

現実のサッカーでは、ポジションという概念はなくなりつつあります。フォーメーションはただの初期位置であり、そこからどんどん形を変えていきます。

今回の記事はそんな現実でのトレンドを少しでもウイイレで再現しようというモチベーションです。

可変式4231

どう可変するかを解説します。

初期位置は4231。ここからまずRMFが内に絞ります。そしてRSBが高い位置を取りWGの位置に。逆のLSBは攻撃には参加せず、3バックを形成します。

これで4231から3241へ可変が完了します。

実際、崩しのパターンは3241に近いです。

 

人選

まずは監督選び。4231であればだれでも良いのですが、イチ押しはこの監督。

ポジショニングが流動的なので可変に適しています。これ以外にも良い監督はいっぱいいると思います。おすすめは

  • 攻撃タイプポゼッション
  • ビルドアップショートパス
  • ポジショニング流動的

この3点を満たす監督です。PESHUB等で探してみてください。

PESHUBについてはこちら

次に人選。

可変のカギを握るのは右サイド。内に絞るRMFにインサイドレシーバー。高い位置を取るRSBは攻撃的SBにします。

またトップをチャンスメイカー、トップ下を2列目からの飛び出しにすることで、中央でもポジショニングが流動的になります。

可変する右サイドに対して、左サイドはシンプル。

LSBはCB化するため無印か守備的サイドバック。LMFにはドリブル突破や得点を求めるので、総合力のある選手がおすすめです。良い選手がいなければ、配布IMロナウドがおすすめです。

まとめ

今回は可変式4231の解説でした。最初に書いたように、現実のサッカーでは、固定的なポジションという概念はなくなりつつあります。

来作のウイイレではもっと多彩な可変ができるようになってほしいですね。

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

コメント(2)
  • 2. color 管理者

    >>1 ありがとうございます

    0
  • 1. 凄い参考になりました

    凄い参考になりました‼️

    1
×
×